2010年2月19日金曜日

マイトラ 一番!


みなさん、こんばんは。
MYTRACKs運営会社のイデアリスタ株式会社代表の中島です。


このたびは、幸運にもTechCrunchさんのイベントのLightning Talkに参加させて頂けただけでなく、参加者投票で第1位まで獲得できるとは本当に驚きました!

TechCrunchの平野さん、当日会場でMYTRACKsにご投票くださったみなさま、発表後のMeet upでお声がけくださったみなさまにこの場を借りて御礼申し上げます。

前エントリで書いてくれているとおり、MyTracksは「気軽で簡単」なソーシャルアプリの主流とは一線を画すものです。

私たちがMYTRACKsで伝えたいことはただひとつ。
多くの人に「アンサンブル」の楽しさを伝えたい。これだけです。

「アンサンブル」とは「他人と音楽でコミュニケーションすること」だと思っています。バンド演奏に限らず、複数の人が声や楽器を「合わせる」ことすべてを表します。

幸運にも私自身が、最近になってからバンドを組むことができ、忘れていたアンサンブルの感動を思い出したのですが、そのバンドメンバーが、全員IT業界各方面のスペシャリストばかり、ということで、彼らの技術、知恵、人脈ネットワークの力を借りて、MYTRACKsをカタチにすることができたわけです。

私の起業前の職はSIerの財務会計担当でして、技術の知識は皆無でした。(初期には「cssって何ですか?」なんて質問してましたね)
そんな私も、この1年間で、MYTRACKsのUI全般を自分で作ることができるようになりました。これもみな、すばらしいチームメンバーのおかげです。

このメンバーが、本業を抱えながら、深夜早朝までSkypeチャットでコミュニケーションを取りながら制作を進めきたのが、この1年です。

Start Up Meetingでは、多くの方々から好意的な反応を頂きました。
しかし、これは、MYTRACKsのコンセプトが受け入れられたためであり、実際のアプリが評価されたものではありません。

MYTRACKsはまだまだ駆け出しのサービスです。
みなさまのご期待に応えるためにも、MyTracksをもっともっと良いサービスにしていかなくてはならないと思っています。

実現したいアイディアはたくさんあります。
これらをひとつひとつリアルにしていけるようにがんばります。
まずは、待つこと数ヶ月で、ようやく公開できそうなmixiアプリから。

今後ともMYTRACKsを応援よろしくお願いいたします。


1 件のコメント:

  1. 改めて、TechCrunch Japanの皆様、当日MyTracsのLT
    を聞いてくださった方、さらに投票してくださった方、ありがとうございました。

    私たちはまず自分たち自身が本気で楽しめるアプリを目指しているのかもしれません。

    広く一般にという視点では違うのかもしれませんが、私たちはWebを使ってゲームという枠ではなく、本気の趣味を展開したいのです。

    そして一人でも多くの人とこの楽しみを共有したいと思います。

    今後ともよろしくお願いします。
    ぜひ皆さんのご意見、コメントをお待ちしています。

    返信削除