2011年2月5日土曜日

iPadでギターをレコーディング!(接続方法ご紹介)


こんばんは、MYTRACKsのなかじまです。
MYTRACKsの大幅リニューアルから5日が経ちました。
WEBのソーシャル機能強化ももちろんなのですが、やはりなんといっても今回は「MYTRACKsのスマートフォン進出」です!

これで文字通り「いつでもどこでも」が実現したわけですが、今回はiPadにアプリをインストールして自宅レコーディングしてみましたので、その模様をお伝えします。

◆準備したもの

◆接続
iPad(iPhone)にエレキギターを接続!
といっても、通常ヘッドフォンをさす端子にミニプラグ変換コネクタをつけてつなげばOK!というわけには残念ながらいきません。
iPadとiPhoneでも、iPhone3GSとiPhone4でも、接続パターンが違います。
今回は
私にとってのiPadとの接続のベストパターンをご紹介します。

まず、DockコネクタにApple純正のUSB変換コネクタを差します。
これでUSBオーディオインターフェースをiPadに接続することができます。

USBオーディオインターフェースは、市販のどれでもiPadに接続できるわけではありません。特にUSB電源供給系は厳しいですね。AC電源供給のものをお試しください。
今回はZOOMのG1u。これはばっちりつながりますよ!

あとは、
USBオーディオインターフェースのOUTPUTにヘッドフォンを、INPUTにギターをつなげば、全体の接続は完了です。

(iRigも使える!)
実は上記のApple純正Dock-USB変換コネクタは、iPhoneでは使えません。
Appleも「iPad専用」としています。

ではiPhoneはどうするの?
答えのひとつが、IK Multimediaの「iRig」です。
iPadのCMでもおなじみのアレです。これでも入力できます。


◆モニタリング
今回使用しているZOOMのG1u。こちらは「ダイレクトモニタリング」ができますので、G1uのアウトプットに差したヘッドフォンからは、iPadに入る前のギターの音と、iPad内の音がミックスされて聴こえてきます。この状態はばっちりですね。

実は接続パターンでモニタリングに違いが出てきますが、そのあたりは別の機会に。


◆レコーディング
接続ができれば、あとは何も特別なことはありません。
今回のアプリアップデートで「MYTRACKs.jp」に搭載されたレコーディング機能を使って、ご自分の演奏をレコーディングしてください。

◆アプリ操作の流れ
文字にすると長くなりますが、実際に使ってみると簡単ですよ。

  1. ログイン(ユーザ登録がまだの方は新規登録から)
  2. 「みんなのトラック」から弾きたい曲のリズムトラックをタップ(タッチ)
  3. 選んだトラックが「トラックプレーヤー」にセットされ、同じ曲の他のトラック一覧リストが出るので、他にも選ぶ場合はここでタップ
  4. レコーディングボタン(赤い丸)を押すとレコーディングパネルが上からするっとおりてきます。
  5. 入力デバイスの種類によっては「ステレオ/モノラル」の選択画面が出るので選択します。
  6. 「演奏パート」を選んで「録音準備」→「録音開始」と進みます。
  7. 一定秒数のカウントダウン後に選んだリズムトラックたちの再生が始まります。と同時に、録音もスタートです。このカウントダウンは個人設定画面で長さを自由に変更可能です。
  8. 演奏後は「録音停止」。すると「録音を確認」で試聴再生ができるようになります。
  9. ここでMYTRACKsの得意技の登場です。
    もし録音結果がリズムトラックとずれていたら?弾き直し??
    ご安心ください。「音ずれ調整」機能で補正できます。
    遅いなと感じたら数値を大きく、早いなと感じたら数値を小さくして再生してみてください。
    繰り返し操作ができるので、なんどかトライしてジャストなタイミングに補正してください。
    っと、演奏辞退の補正はできませんのあしからず。。
  10. タイミングが補正されたら「これでOK」を押しましょう。もし、録り直したい場合のために「録り直す」ボタンもあります。
  11. 「録音を確定します」と出ますので、音声ファイル形式を選びます。非圧縮のwav形式、圧縮のAAC形式のいずれかを選んでください。個人的にはちょっと時間がかかりますけどwavを選択したほうが良いと思います。
  12. 次の画面ではコメントを入れたり、公開/非公開設定をします。
  13. ここで2つの道に別れます。
    ひとつは「すぐにアップロード」もうひとつは「iPhoneに保存」です。
    前者は文字通りすぐにMYTRACKsサーバにアップロードされます。
    後者はiPhoneアプリならではの機能で、いったんiPhone/iPadに演奏音源を保存します。そして好きな時に「録音済トラック」からMYTRACKsサーバにアップロードすることができます。
    思い切り弾ける&歌えるスタジオやカラオケでレコーディングし、wavで保存しておき、自宅やCafe等の無線LAN環境からアップロード、ということができます。
    もちろんAAC形式にして3G環境でもすぐにアップロードしても問題ありませんよ。

アップロードが成功すると、トラックリストに表示されます(非公開トラックは「マイトラックス」にのみ)。
そこからまた選択して「トラックプレーヤ」で先ほどのリズムトラック等とミックスしてみると、ハイ、曲の出来上がり、です。


いかがですか。
自分の演奏を録音できるだけでなく、他の公開トラックに合わせて演奏できたり、そのトラックと自分のトラックをミックスできたりできるのが、MYTRACKsの特徴です。
私たちはこれを「ソーシャルセッション」と呼んでいます。

今後も、いろいろな接続方法をご紹介していきたいと思います。

いつでもどこでもそこがスタジオ。
MYTRACKsでソーシャルセッションしよう!

今回のレコーディングトラックはこちらから。
#3129
#3130
#3132







1 件のコメント:

  1. で、ミックスするとこんな感じになりました。
    BASSいないかなー。
    http://www.mytracks.jp/track.html?id=3133

    返信削除