2011年4月30日土曜日

ニッポン放送 app10.jp 生放送参加!第2回


こんにちは、なかじまです。

先週に引き続き、昨夜(29日)もニッポン放送さんのapp10.jpにおじゃましてまいりました。
今夜の企画はすごかった。
アプリ開発関係者を30人くらい呼んでの「呑み会」仕様ですよ。
生放送で!

最初のうちは、みんな人の話を聞く姿勢を持っていましたが、番組中盤からはもう放送そっちのけのデベロッパー交流会と化していましたね。
制作のみなさんもたぶん予測していたでしょうが、それでもこの企画を実行しちゃうニッポン放送さんって、チャレンジャー!

MYTRACKsはと申しますと、番組前半でこの1週間の動きをご紹介し、生放送中にリスナーさん参加で何かやろうということで、フィンガー5の「恋のダイヤル6700」の冒頭をみんなで歌おうという企画を発表し、番組最後でその結果をご報告、という流れになりました。

MYTRACKsでは、先週の番組でのご紹介以降今日まで、番組司会の吉田さんお気に入り曲「ヤットデタマンの歌」をソーシャルセッションしてまいりました。
メトロノームトラックを基点に→ギター→歌(吉田さん)→ドラム→シンセと、各パートが好きな時に好きなようにMYTRACKsにあがってきて、結果1曲の姿ができあがったのです。
私もへなちょこギターやドラムで参加しましたが、シンセ関係をとあるリスナーさんがいろいろつくってくれ、ついにはギターも別のリスナーさんが参戦。

できあがったのはこんな感じです。
ヤットデタマンの歌」by よっぴーとその仲間たち

この「会ったことのない人とのセッション感」がMYTRACKsの醍醐味ですね。

今回の生放送中のフィンガー5も、番組中に20トラックくらいあがってきまして、いくつかミックスすると、なかなかおもしろい合唱ミックスになりましたよ。
番組最後でちゃんとご紹介できてホッとしました。MYTRACKsの楽しさが少しでも伝わってくれたら良いなと思います。

MYTRACKsはバンド楽曲だけでなく、歌声だけのハモり遊びなんかもできるわけですね。

中には、重ねるとちょっとズレてしまうトラックもありましたが、その調整もアプリで可能になっています。(番組ではあまり細かい操作方法をご紹介する時間はなかったのでここで補足紹介しておきますね

それともうひとつ。
MYTRACKsは「ソーシャルセッション」をできる限りカンタンに実現できるようにしていきたいと考えています。
MTRに必ずあるタイムライン(時間軸で流れるアレです)がMYTRACKsにはありません。
これは、各演奏パートの音源ピースをあてはめて「音楽制作」することがMYTRACKsの目的ではないからです。
世の中には素晴らしいDAW(デジタルオーディオワークステーション)がたくさんあるので、本格的な「音楽制作」はそちらにお任せします。

MYTRACKsには、ライブのように、せーの!であわせて演奏した時のあのアンサンブルの感動をWEBで実現できたら良いな、という発想が原点にあります。ライブでは途中だけ弾くパートでも最初から一緒ですよね。同じ理由で「途中だけ録音して差し替える」といった機能もありません。

「レコーディング」も本格的に行なうにはちょっと敷居が高いですよね。
MYTRACKsで気軽に楽しんだそのあとに、本格的レコーディングをしてみる、というのもアリかなと思います。

ライブや一発録りで感じるアンサンブルの緊張感を、気軽に体験できる場所になっていけたらうれしいです。

最後に、今回の楽しい機会を作ってくれた吉田さん、そして番組制作関係者の皆様、ホントにありがとうございましたー!

0 件のコメント:

コメントを投稿